スポンサーリンク

リ・ハナ かわいいバストカップ 【尾崎ジャンボ軍団、キャディー】

り・ハナ ゴルフ話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

り・ハナは中国生まれ、韓国国籍の女子プロゴルファーです。
2023年現在22歳。異国の地で頑張る姿には、
多くのゴルフファンに感動を与えています。

ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーで研鑽中の2年目、
「樋口久子三菱電機レディス」で初優勝を飾りました。
おめでとうございます

 

今回は韓国人女子ゴルファー「リ・ハナ」について
・かわいい画像の紹介
・国籍について
・ジャンボ尾崎の弟子
・日本語は話せるか
・キャディーについて
・可愛いバストカップ
これらの情報をまとめました。

最後までご覧ください。

 

来季も、リ・ハナ選手を応援していただければ幸いです。
どうか宜しくお願いいたします。

 

<スポンサーリンク>



リ・ハナ かわいい画像紹介

リ・ハナのかわいい画像を集めました。
ゴルフに真剣に取り組む姿勢が高く評価されてますが・
爽やかな幼顔もファンの間では絶賛されてます。
リ・ハナ
(引用:ALBA Netゴルフ)

 

リ・ハナ
(引用:みんなのゴルフダイジェスト)

 

リ・ハナ
(引用:JLPGA)

 

リ・ハナ
(引用:ALBA Net)

 

リ・ハナ 何カップか気になる!

リ・ハナのバストカップが可愛いとファンの間で評判ですが、
カップサイズは?となると公表されているものは有りません。
いくつかの情報を見ると
身長165cm 体重53kg
カップは「cカップ」とみる方が多いようですね。

リ・ハナ 国籍、生誕地は

情報がほとんどない謎の韓国人女子ゴルファーリ・ハナ」とは・・

以下「ビジネス現代」より紹介

「彼女は中国人の両親の下、中国で生まれ、父の影響で8歳からゴルフを始めました。
良い環境の下でゴルフをするため、中学生のときに韓国へ留学し、高校までインターナショナルスクールに通っていました。
この時に韓国籍に帰化しています。
英語、中国語、韓国語が話せますし、日本語の勉強も家庭教師をつけてやっていたそうです。

 

高校卒業と同時に日本に来て、昨年の最終プロテストを受けたのですが、
最終予選で落ちてしましました。
それでも日本のQT(予選会)にファイナルまでどうにか残り60位に入りました。
下部ツアーには出られるので結果を残して、そこからレギュラーツアーへの道をつかみたいと彼女と話しています」

 

リ・ハナ ジャンゴ尾崎の門下生

リ・ハナジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの一員で、
尾崎将司の愛弟子です。

 

ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー

ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」は、
プロゴルファーの尾崎将司氏が設立したNPO法人で、
プロテストやジュニアレッスンの支援を行っています。

 

同アカデミーは、関東近県在住の22歳以下の高校生から大学生までを対象に、
毎月2回の練習に参加できることが条件となっています。
また、同アカデミーからは、原英莉花選手や西郷真央選手など、
多くのプロゴルファーが輩出されています

 

尾崎将司が指摘すること・・
上手くなりたい人が真っ先にやるべきことは?

もっと素振りをした方がいい!」

 

尾崎将司
(引用:nippon.com)

 

リ・ハナ 日本語は上手か

リ・ハナ英語、中国語、韓国語が話せますし、
日本語の勉強も家庭教師をつけてやっていたそうです。
中国で育ったが、韓国でゴルフを続け、韓国籍に帰化。
その後、日本へ渡り、日本ツアー参戦中です。

会話に関してはほとんど特に不自由は感じませんね!

リ・ハナ キャディーは誰か

 

り・ハナのキャディー
(引用:THE-ANSWER)

リ・ハナ選手のキャディーは、丹野啓介さんです。
リ・ハナ選手は2023年10月29日に開催された「樋口久子 三菱電機レディス」で初優勝を果たし、
丹野さんと共に感動的な瞬間を迎えました。

 

丹野さんはリ・ハナ選手の初優勝に涙し、リ・ハナ選手とハグを交わしました。
リ・ハナ選手は日本語で「2勝目、3勝目を目指して頑張ります」と決意を語っています。
リ・ハナ選手は韓国出身の女子プロゴルファーで、2021年6月にプロテストに合格しました。
下部のステップ・アップ・ツアーで3勝を挙げ、
2023年10月29日の「樋口久子 三菱電機レディス」でレギュラーツアー初優勝を飾りました。

 

キャディー丹野啓介さん

丹野啓介さんはマルチクリエイター。 1995年福島県生まれ 宮城県東北高校卒業。
高校卒業後、大手スポーツメーカーに入社、その後山口県にある会社に転職。
ゴルフが趣味というのもあり様々な人脈を形成。
今現在は独立し、ゴルフコーチやYouTuber、セミナーでの講演を行なっている。

 

プレーオフは1ホール目でリ・ハナがバーディーを奪って勝負を決した。
優勝が決まった直後、キャディーが喜びのあまり、コース上で号泣。
リ・ハナが慰めにいくシーンを日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式X(旧ツイッター)が動画を公開。ファンから「思わず貰い泣きしてしまいました」「なんだか可愛く見えちゃう」といった反響が寄せられている。

 

 

リ・ハナのプロフィール

(参照:JLPGO)

・所属:フリー
・出身地:韓国仁川市
・生年月日:2001年7月26日
・身長:156cm
・体重:53kg
・血液型:A型
・出身校
白山高等学校
・プロテスト合格日
2021年6月25日
・入会日
2021年6月26日(93期生)
・ツアー初登録日
2020年1月1日
・ゴルフ歴:8歳~
ホールインワン:1回
・各賞受賞
’20-21JLPGA ステップ・アップ・ツアー賞金ランキング第1位

 

<スポンサーリンク>



 

リ・ハナ 初優勝

リ・ハナ選手
(引用:NHKニュース)

 

リ・ハナ選手が、女子プロゴルフツアーの「三菱電機レディス」で、通算9アンダーでトップに並んだ山下美夢有、仁井優花とのプレーオフを制し、初優勝を果たしました。

リ・ハナ選手は、2020-2021年ステップアップツアーで3勝を挙げて賞金ランク1位に輝いた実力派です。
優勝インタビューでは、流ちょうな日本語で感激を口にし、
「今シーズンはずっと初優勝をしたいと思っていたので、うれしい気持ちでいっぱいです。
私の一番いいところは、メンタルが強いところです」とコメントしています

 

リ・ハナのゴルフ実績

リ・ハナ 日本での優勝
JLPGAで1勝
ステップアップツアーで3勝
2023年現在22です。
これからの日本での活躍が期待されています。

 

年度 開催期間 トーナメント名 スコア
2023 10/27-10/29 樋口久子 三菱電機レディス 207(-9) 71-69-67
2021 05/26-05/28 [STEPUP] ECCレディス 139(-5) 70-69
2020 11/10-11/12 [STEPUP] フンドーキンレディース 203(-13) 68-67-68
2020 09/18-09/20 [STEPUP] ユピテル・静岡新聞SBSレディース 211(-5) 70-71-70

 

リ・ハナ 2023年JLPGAの実績

リ・ハナ選手はフェアウェイキープ率が全体の7位です。
ショットの安定性が光る選手です。

反面、最終日の平均スコアが45位です。
最終日のスコアが伸びれば、優勝のチャンスが増え、
順位も大幅に向上しそうですね。

 

・出場試合数:37試合
・ラウンド数:111.0R
・年間トップ10回数:6 (25位)
・メルセデス・ランキング
885.98pt (26位)
・年間獲得賞金
¥58,859,228 (21位)
・平均ストローク
71.4059 (26位)
記録 DATA RANK
パーオン率 66.1662 58
平均パット数(パーオンホール) 1.7773 15
平均パット数(1ラウンド当たり) 28.9279 11
パーセーブ率 85.6356 37
平均バーディー数 3.3604 23
ドライビングディスタンス 231.48 81
フェアウェイキープ率 74.0026 7
トータルドライビング 88 40
ボールストライキング 98 47
記録 DATA RANK
リカバリー率 64.6450 23
サンドセーブ率 48.4848 15
3パット率 2.8529 24
ダブルボギー率 1.1011 33
パーブレーク率 18.8188 23
バウンスバック率 19.3182 19
イーグル数 3 30
バーディー数 373 14
60台のラウンド数 32 21
記録 DATA RANK
パー3平均スコア 2.9910 22
パー4平均スコア 4.0384 39
パー5平均スコア 4.7586 18
予選ラウンド平均ストローク 71.2055 19
決勝ラウンド平均ストローク 72.0024 54
1stラウンド平均ストローク 70.8637 17
2ndラウンド平均ストローク 71.5559 37
3rdラウンド平均ストローク 71.4460 38
4thラウンド平均ストローク 72.6402 53
Finalラウンド平均ストローク 71.6557 45

 

<スポンサーリンク>


画像

 

 

ほとんど情報のない り・ハナの秘話

以下「ビジネス現代」より紹介

「彼女は中国人の両親の下、中国で生まれ、父の影響で8歳からゴルフを始めました。
良い環境の下でゴルフをするため、中学生のときに韓国へ留学し、高校までインターナショナルスクールに通っていました。
この時に韓国籍に帰化しています。
英語、中国語、韓国語が話せますし、日本語の勉強も家庭教師をつけてやっていたそうです。

 

高校卒業と同時に日本に来て、昨年の最終プロテストを受けたのですが、
最終予選で落ちてしましました。
それでも日本のQT(予選会)にファイナルまでどうにか残り60位に入りました。
下部ツアーには出られるので結果を残して、そこからレギュラーツアーへの道をつかみたいと彼女と話しています」

 

中国で育ったが、韓国でゴルフを続け、韓国籍に帰化。
その後、日本へ渡り、日本ツアー参戦の道をつかんだというわけだ。
つまり、プロデビュー戦は、今年6月の日本ツアー開幕戦ということになる。


しかしながら、両親と共に日本に住んでいるとはいえ、19歳にして海外を渡り歩く行動力には驚かされる。
インターナショナルスクールに通い、日本語の家庭教師から言葉を学んだのも、
いずれは日本ツアーや米ツアーでのプレーを見越してのことというから、
目標に向かう努力と貪欲さにも感心させられる。

 

アマチュア時代は目立った実績はなく、他の選手たちからすればほぼノーマークといったところ。
ただ、今回の初優勝でゴルフの実力は高いことが判明した。
チャンスがあればレギュラーツアーのトーナメントの予選会にも出場し、本戦に出場できればもちろん優勝を狙いにくるだろう。


思わぬところでダークホースが出てくるのも女子ゴルフのおもしろいところ。19歳の新鋭「リ・ハナ」の名前は覚えておいたほうがいいかもしれない。

ビジネス現代

 

 

リ・ハナのスイング紹介

リ・ハナはジャンボ尾崎の門下生で、スイングの安定性に定評が有ります。
ドラーバーディスタンスは230yd。


(引用:You Tuve>

 

 

<スポンサーリンク>



まとめ【リ・ハナ かわいい画像 、尾崎ジャンボ軍団、国籍】

韓国籍のリ・ハナがデビュー2年目にして優勝することができたことは、
女子ゴルフ界の若手の強さをさらに印象付けました。

2023年はメルセデス・ランキング26位で
賞金獲得額は5,886万円でした。

ジャンボ尾崎の門下生として2024年も注目度の強い選手です。
メンタル面の強さが彼女の持ち味で、
競った場面で強さを見せ好結果を期待したいと思います。

 

今回は韓国人女子ゴルファー「リ・ハナ」について
・かわいい画像の紹介
・国籍について
・ジャンボ尾崎の弟子
・日本語は話せるか
・キャディーについて
これらの情報をまとめました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

【関連サイト】

吉田優利プロ かわいい笑顔
青木瀬令奈 かわいい女子プロ
神谷そら ゴルフ不正疑惑
森田遥 かわいい女子プロ
川岸史果 父親は川岸良兼
桑木志帆 大学生女子プロ
ペ・ソンウ かわいい画像
石川遼 結婚・奥様
竹田麗央ゴルフ叔母は平瀬真由美
岩井明愛 千怜双子 彼氏・結婚
桜井心那 かわいい女子ゴルファー
菅沼菜々アイドル系女子ゴルファー
吉田優利 かわいい女子ゴルファー
渋野日向子 彼氏との熱愛報道!
渋野日向子 可愛い注目画像
西郷真央かわいい画像出身は?ジャンボの弟子
小祝さくら開幕戦優勝「母ひとみやコーチ辻村

 

コメント