スポンサーリンク

竹田麗央ゴルフ バストカップ美人【叔母平瀬真由美は元賞金女王】実家は

竹田麗央 ゴルフ ゴルフ話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

竹田麗央は2022年にプロゴルファーとしてデビューしました。
デビュー当時から特別に関心を集めた理由が、
かつての賞金女王「広瀬真由美プロ」が叔母に当たりということですね。

竹田麗央の母親哲子さんの妹が広瀬真由美プロにあたり、母親もプロゴルファーでした。
広瀬真由美プロは2年連続賞金女王となり、美人ゴルファーとして一世を風靡した有名人です。
現在もゴルフの解説者として後輩のプレヤーに辛口コメントをする貴重な存在となってます。

 

美バストカップの竹田麗央は2年目にして4666万円の賞金を取り、
メルセデス・ランキングは22位に入りました。
プロ入り後の実績としてはかなりの好成績と言えます。

 

今回は期待の新人「竹田麗央」の実家や親、成績、ゴルフスイングなどを、
分かり易くまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

<スポンサーリンク>



竹田麗央 叔母の平瀬真由美は元賞金女王

竹田麗央の母、竹田哲子さん(旧姓平瀬哲子)の妹は、
賞金女王にもなった有名な女子プロ、平瀬真由美さんです。

母親の哲子さんも元プロゴルファーで、
現在はティーチングプロフェッショナル資格A級をもつ本格派です。

 

竹田麗央の師弟関係は公式サイトにも「母」となってます。
KKT杯に娘のキャディーを務めたことで話題になりましたね。
麗央にとっても心強い試合になりました。
6歳の頃から母親の影響でゴルフをはじめ、
母親が身近で成長を見守ってきただけに、
今、大きな注目を集めています。

 

竹田麗央の家庭は母親がプロゴルファーで
父親はゴルフ関係のショップを経営しています。
兄弟は兄と弟がいますが詳細は不明です。

 

 

叔母の平瀬真由美は元賞金女王

往年のファンならこのお顔に見覚えありますよね!
平瀬真由美プロは1993年~1994年の賞金女王で、
爽やかな振る舞いと持ち前の美しい笑顔で大きな人気を集めました。

 

平瀬真由美

(引用:日刊スポーツ)

 

竹田麗央の母(元プロゴルファー)の妹が平瀬真由美であると前途しましたが、
平瀬真由美についてその輝かしい実績を紹介します。

 

 

平瀬真由美は、熊本県熊本市出身の女子プロゴルファーです。
彼女はダイキン工業に所属しています。
熊本市立高等学校を卒業後、1988年にプロ転向しました。

 

1989年にはミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメントでツアー初優勝を果たし、
同年計3勝を挙げ、年間獲得賞金ランキングで6位に入り、シード権を獲得しました。
彼女は日本女子プロゴルフ協会で18回優勝し、1993年と1994年には賞金女王に輝いています。

 

 

また、彼女はアメリカツアーでも活躍し、日本で行われたアメリカ女子ツアー「東レジャパンクイーンズ」で初優勝を果たしました。
その他、日本国内外で合計19回の優勝を成し遂げています。

 

 

2000年には外科医の男性と結婚し、日本に拠点を戻しました。
現在は愛媛県松山市在住で、3人のお子さんの母親として活躍しています。
平瀬真由美さんの素晴らしいゴルフキャリアに敬意を表します!

 

 

 

平瀬真由美
(引用:Smart FLASH)

現在の平瀬真由美です。歳月が経っても爽やかで美しい方ですね!

 

母親 竹田哲子さん(旧姓平瀬哲子)は元プロゴルファー

竹田哲子さん(旧姓平瀬哲子さん)は、竹田麗央の母親で、
熊本県熊本市出身の女子プロゴルファーです。

 

彼女は1968年4月28日に生まれました。2023年現在55歳。
平瀬哲子はティーチングプロフェッショナル資格A級を持ち、
JLPGAジュニアゴルフコーチとしても活躍しています。

 

彼女のプロゴルフの経歴を振り返りましょう。
2000年にJLPGAツアーに出場し、3試合でラウンドを行いました。
その成績は以下の通りです。

 

  1. ダイキンオーキッドレディス: 予選落ち、賞金なし、スコア+7 (151) [1R: 77, 2R: 74]
  2. カトキチクイーンズ: 予選落ち、賞金なし、スコア+8 (152) [1R: 82, 2R: 70]
  3. ヴァーナルカップRKBレディース: 予選落ち、賞金なし、スコア+10 (154) [1R: 77, 2R: 77]

また、ステップ・アップ・ツアーにも出場し、2試合でラウンドを行いました:

  1. ヴァーナル・RKBカップ: 72位、賞金なし、スコア+16 (160) [1R: 77, 2R: 83]
  2. ジョージアカップ: 28位、賞金80,000円、スコア+1 (145) [1R: 76, 2R: 69]

平瀬哲子は、日本女子プロゴルフ界で長いキャリアを持ち、
多くのファンに支持されています。
彼女のゴルフへの情熱と才能は、今後も注目されることでしょうね。

 

 

平瀬哲子

(引用:Gゴルフニュース
竹田麗央はコーチでもある母親と二人三脚で戦いました。
親が元プロでコーチというのは極めて珍しいですね。

 

平瀬哲子

(引用:スポニチ)
竹田麗央にはゴルフの環境とか恵まれた体格など、
他から羨まれる要素を持ち合わせていますね。
これらが精神的に負担にならないことを祈ります。

 

竹田麗央の彼氏や結婚情報

竹田麗央
(引用:Golf M)
竹田麗央の鍛えられた体からのショットは見事ですね。
結果も付いてきたのでこれからの一戦一戦が楽しみです。

竹田麗央 彼氏・結婚の噂

竹田麗央はプロ2年目の20歳です。
母親が元プロゴルファーで小学生時代から指導を受け、
順調にここまで伸びてきましたね。

彼氏情報を調べましたが、活字としてメディアに出たことはありませんでした。
従いまして、結婚もないということになります。
ここ数年はゴルフに専念し、叔母の平瀬真由美に負けない実績を
残るよう進んでいくように感じられます。

 

竹田麗央のかわいい画像

 

竹田麗央
(引用:ALBA Net)
竹田麗央は2023年、ドライビングディスタンスで2位!
ロングドライブでファンを惹きつけてます。

 

竹田麗央
(引用:JLPGA)
叔母の広瀬真由美プロを彷彿とさせるゴルフのシビアさが魅力。
一気に上位食い込みもありうる期待の新人です。

 

 

竹田麗央
(引用:高知新聞)
パワフルなドライバーショットが竹田麗央の魅力です。
試合を重ねるごとにファンが増えていくのは
叔母の平瀬真由美にそっくりです。

 

竹田麗央
(引用:中日新聞Web)
常に笑顔を絶やさないゴルフスタイルが人気の秘密!
ラウンドを重ねるごとに自信を付けてきたプロ入り2年目でしたね。

 

竹田麗央の実家や高校 プロフィール

(参照:JLPGO)

・所属:ヤマエグループHD
・出身地:熊本県合志市
・生年月日:2003年4月2日

・契約
クラブ:ダンロップ
ボール:ダンロップ
ウェア:マンシングウェア
・身長:166cm
・体重:68kg
・血液型:O型
・出身校
熊本国府高等学校(熊本県)
・プロテスト合格日
 2021年11月5日
・入会日
 2022年1月1日(94期生)
・スポーツ歴
水泳 ダンス 陸上
・趣味:プロ野球観戦
・好きな色:紺色
・ゴルフ歴:6歳〜
・師弟関係:母

 

竹田麗央の実家

竹田麗央は、熊本県合志市で生まれました。
彼女は2003年4月2日に生まれ、身長は166cmです。

 

竹田麗央は、母で女子プロの平瀬哲子さんの影響で6歳でゴルフを始めました。
彼女は才能あるゴルファーであり、将来が楽しみですね。

 

竹田麗央の出身高校

竹田麗央プロの出身高校は 熊本国府高等学校 になります。
この学校は熊本県熊本市中央区国府に位置しています。
竹田麗央プロは、この学校でゴルフを学んだことで知られています。

 

熊本国府高等学校は、ゴルフ部が強豪として知られており、
全国大会で何度も優勝しています。

 

熊本国府高校概要

熊本国府高校は、熊本県の熊本市にある学校法人泉心学園の運営する全日制の男女共学の私立高校です。
学科は普通科とビジネス科が用意されています。

 

普通科には、基礎的な知識の習得を重視して進学を目指す「普通コース」、
少人数制によって国公立大学や難関大学への進学を目指す「特進コース」、
サッカーやバスケットボールなどでスポーツの専門職を目指している人のための「アスリートコース」、
公務員を目指す生徒のための「公務員コース」が用意されています。

 

熊本国府高校
(引用:熊本国府高校HP)
熊本国府高校地図
(引用:熊本国府高校HP)

 

<スポンサーリンク>



竹田麗央プロテスト一発合格

竹田麗央さんは、2021年のプロテストに合格し、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)に94期生として入会しました。
彼女は熊本国府高等学校出身で、身長は166cm、体重は68kgです。

 

 

彼女のプロテストでのスコアは、1R: 73、2R: 69、3R: 73、4R: 73、5R: 73で、合計スコアは288でした。
竹田さんは攻めの姿勢のプレースタイルで、最終プロテスト受験回数は1回目で、平均飛距離は250ヤードです。
彼女は水泳とヒップホップダンスのスポーツ歴を持ち、世界で活躍するプロゴルファーを目指しています。

 

竹田麗央さんはアマチュア時代にも素晴らしい戦績を収めており、2021年には日本女子オープンでベストアマを獲得し、2019年には九州ジュニアで優勝しています。

彼女のプロゴルファーとしてのキャリアに期待が高まっています。

 

竹田麗央
(引用:ALBA Net)

【2021】最終プロテスト 合格者一覧

他に
村上 瑞希、星野 杏奈、永嶋 花音、小林 夢果
櫻井 心那、川﨑 春花、須江 唯加、仁井 優花
桑山 紗月、大林 奈央、天本 遥

以上の21名が合格しました。
おめでとうございます。

櫻井 心那、川﨑 春花などレギュラーツアーで
すでに勝っている若きプロもいます。

 

竹田麗央のゴルフ成績

竹田麗央のゴルフ成績をまとめました。
デビュー2年目、今年2023年は大躍進し、
賞金ランキングで29位の結果を残してます。

竹田麗央 年度別獲得賞金

年度 獲得賞金 賞金順位 平均ストローク
2023 ¥46,661,490 29位 70.9196
2022 ¥21,298,142 61位 71.4056

 

竹田麗央 2022年成績

 

メルセデス・ランキング
399.65pt (58位)
年間獲得賞金
¥21,298,142 (61位)
平均ストローク
71.4056 (–位)
記録 DATA RANK
パーオン率 71.5021
平均パット数(パーオンホール) 1.8043
平均パット数(1ラウンド当たり) 30.1481
パーセーブ率 83.9506
平均バーディー数 3.5741
ドライビングディスタンス 254.38
フェアウェイキープ率 60.8466
トータルドライビング
ボールストライキング
記録 DATA RANK
リカバリー率 55.5957
サンドセーブ率 33.8983
3パット率 4.2181
ダブルボギー率 1.5432
パーブレーク率 20.3704
バウンスバック率 19.0476
イーグル数 5 10
バーディー数 193 84
60台のラウンド数 15 53
記録 DATA RANK
パー3平均スコア 3.0463
パー4平均スコア 4.0329
パー5平均スコア 4.7129
予選ラウンド平均ストローク 71.5771
決勝ラウンド平均ストローク 70.9982
1stラウンド平均ストローク 71.5479
2ndラウンド平均ストローク 71.6095
3rdラウンド平均ストローク 71.1643
4thラウンド平均ストローク 70.5000
Finalラウンド平均ストローク 70.8333

ステップ・アップ・ツアー

出場試合数
2試合
ラウンド数
5.0R
年間トップ10回数
2 (29位)
年間獲得賞金
¥1,353,714 (76位)
平均ストローク
71.4000 (–位)
記録 DATA RANK
パーオン率 76.6667
平均パット数(パーオンホール) 1.8696
平均パット数(1ラウンド当たり) 31.4000
パーセーブ率 86.6667
平均バーディー数 3.6000
ドライビングディスタンス
フェアウェイキープ率 60.7143
トータルドライビング
ボールストライキング
記録 DATA RANK
リカバリー率 61.9048
サンドセーブ率
3パット率 5.5556
ダブルボギー率 2.2222
パーブレーク率 20.0000
バウンスバック率 8.3333
イーグル数
バーディー数 18 151
60台のラウンド数 1 71
記録 DATA RANK
パー3平均スコア 2.9500
パー4平均スコア 4.0800
パー5平均スコア 4.7000
予選ラウンド平均ストローク 74.5000
決勝ラウンド平均ストローク 66.0000
1stラウンド平均ストローク 74.0000
2ndラウンド平均ストローク 71.5000
3rdラウンド平均ストローク 66.0000
4thラウンド平均ストローク
Finalラウンド平均ストローク 69.0000

 

竹田麗央 2023年成績

竹田麗央の注目点の1つはドライビングディスタンス2位ですね。
また、年間イーグル数2位も光ってます。
大きなゴルフをする中でゴルフ全体のレベルが向上すれば、
トップ10も見えてきますね。2024年に期待が集まっています。

 

メルセデス・ランキング
976.30pt (22位)
年間獲得賞金
¥46,661,490 (29位)
平均ストローク
70.9196 (16位)
記録 DATA RANK
パーオン率 73.0994 10
平均パット数(パーオンホール) 1.8048 35
平均パット数(1ラウンド当たり) 30.0175 64
パーセーブ率 86.4035 25
平均バーディー数 3.5789 14
ドライビングディスタンス 258.91 2
フェアウェイキープ率 62.5940 56
トータルドライビング 58 8
ボールストライキング 18 6
記録 DATA RANK
リカバリー率 61.2319 55
サンドセーブ率 35.1351 73
3パット率 3.4600 45
ダブルボギー率 1.1209 36
パーブレーク率 20.3216 14
バウンスバック率 20.0000 17
イーグル数 9 2
バーディー数 408 9
60台のラウンド数 40 8
記録 DATA RANK
パー3平均スコア 3.0965 80
パー4平均スコア 3.9983 18
パー5平均スコア 4.6300 1
予選ラウンド平均ストローク 70.8668 13
決勝ラウンド平均ストローク 71.3391 30
1stラウンド平均ストローク 70.7807 15
2ndラウンド平均ストローク 70.8349 14
3rdラウンド平均ストローク 71.6513 46
4thラウンド平均ストローク 69.8333 4
Finalラウンド平均ストローク 70.5466 8

 

 

<スポンサーリンク>



竹田麗央の師匠は誰か

竹田麗央こコーチは母親の竹田哲子さんです。
前途の通り元女子プロで、プロコーチとしても幅広く活躍されています。
幼少から母親の指導を受けているうえに、体格も恵まれていることから、
将来の期待が大きい選手です。
2023年はドライビングディスタンス2位、イーグル数も2位の結果を出しています。

竹田麗央のスイング紹介

(引用:You Tuve)

竹田麗央の私服がかわいい

竹田麗央
(引用:I.JGA)
いつまでも初々しい竹田麗央ですが、
いいずれは女子ゴルフ界を背負っていくような予感を感じます。

 

竹田麗央
(引用:JLPGA)
TVへの露出も増え多くの方が名前を憶えてくれた一年でしたね。

 

 

竹田麗央
(引用:X.com)
ゴルフファンの皆さん、この竹田麗央の活躍をご期待ください。
2024年もしっかり応援していきたいです。

 

 

<スポンサーリンク>



まとめ【竹田麗央 女子プロゴルファー「叔母は平瀬真由美」】

竹田麗央、2024年はプロ入り3年目をとなります。
周りの期待が大きい中どこまで自分のゴルフが出来るか、
プレッシャーを跳ね除けてゴルフを楽しいでもらいたいですね。

 

今、女子ゴルフも男子ゴルフも新人の台頭が目立ち、
ビッグネームの試合を堂々と勝ち進んでいます。
デビューから1年目、2年目、3年目で勝ち残るプレーヤーには
一瞬たりとも目を離せない状態です。

今回は竹田麗央について以下のような内容をまとめました。

 

・竹田麗央 叔母の平瀬真由美は元賞金女王
・叔母の平瀬真由美は元賞金女王
・母親 竹田哲子さん(旧姓平瀬哲子)は元プロゴルファー
・竹田麗央の彼氏や結婚情報
・竹田麗央 彼氏・結婚の噂
・竹田麗央のかわいい画像
・竹田麗央の実家や高校 プロフィール
・竹田麗央の実家
・竹田麗央の出身高校
・竹田麗央プロテスト一発合格
・【2021】最終プロテスト 合格者一覧
・竹田麗央のゴルフ成績
・竹田麗央 年度別獲得賞金
・竹田麗央 2022年成績
・ステップ・アップ・ツアー
・竹田麗央 2023年成績
・竹田麗央の師匠は誰か
・竹田麗央のスイング紹介

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

【関連サイト】

岩井明愛 千怜双子 彼氏・結婚
桜井心那 かわいい女子ゴルファー
菅沼菜々アイドル系女子ゴルファー
吉田優利 かわいい女子ゴルファー
渋野日向子 彼氏との熱愛報道!
渋野日向子 可愛い注目画像
西郷真央かわいい画像出身は?ジャンボの弟子
小祝さくら開幕戦優勝「母ひとみやコーチ辻村

 

コメント