スポンサーリンク

スマイル渋野日向子の復活を支えるプロキャディーの存在が凄すぎ

プロキャディー ゴルフ

スマイル渋野日向子の本来のゴルフがついに復活!
今年は開幕から絶不調が続いたが、後半渋野らしさが見えてきた。

渋野日向子は今年の最終戦全米女子オープンで堂々の4位。
女子ゴルフ世界最大の大会で3日までトップだった。

この渋野の復活を支えているのが「プロキャディー」です。
今回は、意外と知られていないプロキャディーの実態に迫った。




スマイル渋野日向子を支えたプロキャディー

スマイルシンデレラ渋野日向子がついに復活!渋野ファンにやっと安堵の気分が戻ってきた。2020年12月10日から開幕の全米女子オープン。

渋野は3日目迄トップを独走。
昨年の全英女子優勝は決してフロックではなかっと、
ニュースが世界に飛び散った。

最終日は悪天候で月曜に順延。ここで渋野は寒さ対策に失敗。

寒さに震えながら体が回らず、大事な所でミスショットをした。
最終日、スコアを3つ落として4位に甘んじた。
このビッグゲームの渋野を支えたのがプロキャディー藤野圭祐だ。




渋野日向子のバッグを担いだプロキャディー

渋野日向子はキャディーの人選でもその苦労の一端がうかがえる。渋野のプロキャディーといえば定由早織。

初めてのタッグはプロテスト合格後のQT戦。
渋野の師匠「青木翔コーチ」が頼み込んで結成した。

ただし、全英女子はコーチの青木翔自らがバッグを担いで、
見事世界のメジャーに初挑戦で勝利、世界を驚かせる快挙だ。

今年に入り成績が低迷し、11月の国内ツアー最終戦の
『チャンピオンシップ リコーカップ』はかつて石川遼のエースキャディーを務めていた。

佐藤賢和さんがバッグを担いだ。大きな大会で2位に入る。
渋野日向子の今年を支えたプロキャディーの粘りは見逃せない。

秘密に包まれたプロキャディーの実態

かつての名プレーヤーには試合をサポートする「プロキャディー」がいた。

主人の優勝の瞬間も一歩引いてプレーヤーを輝かせるキャディーだが、選手とは違い以外にもその仕事内容や収入についてはこれまであまり触れられることがなかった。

調べるにつれ、プロフェッショナルキャディーの世界が非常に厳しいことがわかった。

プロキャディーの仕事は

キャディーと言うとッゴルフ場のハウスキャディーを思い浮かべますね。

話はそれますが、ゴルフを始めた頃、キャディ-さんに「8番アイアン」というと
黙って6番アイアンを出を出してきました。打ってみるとなるほど距離はピッタリ。
(栃木県鹿沼市 鹿沼カントリークラブ
※ゴルフ漫画の傑作「風の大地」の舞台になったゴルフ場。
原作者はプロゴルファー坂田信弘さん。

プロキャディーは選手のバッグを担ぎ、選手にアドバイスできる唯一の人。選手に合わせて様々なサポートをします。

練習日にコースの状態を調べ、距離感やグリーン周りや芝目もしっかり調べます。

試合中は選手の求めに応じ迷っていたらアドバイスする程度と聞きますね。

選手が気持ち良くプレーできるよう全力を注ぐ仕事です。
大半のプロキャディーは基本的にはゴルフ場で待ち合わせ
ゴルフ場で解散するようにしているそうです。

多くはプロゴルファーを目指す研修生が、ゴルフ場専属のプロに声をかけられて「プロキャディー」になるケースが多いと聞きました。

また、ゴルフの知識やルールを熟知しているなどは当然ですね。
プレーヤーとの信頼関係を一番大事にしています。

プロキャディーの収入と費用

金銭面での苦労が多いのも事実です。
よほど好きでないと出来ない厳しい世界で、収入は安定していません。

バッグを担いだ週は10万円が保証されているのですが、
月に4週担いだとして40万円。

しかし会場までの交通費や宿泊代や食事代は本人持ちなので
赤字になることも多々あるようです。

選手の成績によって優勝したら賞金の10%、トップ10入りで7%、予選通過で5%が選手から支払われます。
選手が予選通過をしなければ週給10万円のみで赤字が続く。

一方優勝すれが賞金の10%が入るのでトッププロに一年間つけば、キャディーの収入も1000万を超えるわけです。
ただし個人事業主なので、国民健康保険や国民年金は稼いだ翌年、大きな金額に膨らみます。かなり厳しい世界と言えます。

多くのプロキャディーは車で移動し、車中泊をしている人が多いのが現実です。
キャディー仲間で行動を共にしているそうです。

優勝争いをしているとき、トッププロとコースのど真ん中を
歩ける快感は何とも言えないのですね。

スマイル渋野日向子2020年度の戦い

スマイル渋野日向子2020年度は不調のどん底からスタート

2020年度のトーナメントは3ケ月遅れて6月に開幕。
渋野日向子は国内戦で3試合、予選落ちのまさかを経験した。

シーズン末に回復の兆しをみせ、賞金ランキング35位。
シーズン終盤にきてスタンスを広げ、元に戻したのが功をなしたか、最終戦の全米女子オープンでは3日まで首位を独走した。終わってみれば世界で4位の好成績を残して今シーズンを終了した。

今シーズンはプラチナ世代が話題になるなど渋野より下の年代が力をつけ女子プロゴルフに話題を生んだ。

そこには、昨年あれだけ活躍した渋野日向子の影はなかった。
一年間苦しんだ渋野は最終3ゲームあたりで復活のショットが見え、やっぱり実力派本物!をゴルフ界に見せつけた。

渋野日向子不調の原因は何だったのか

渋野日向子は昨年全英女子をいきなり勝ち世界をあっと言わせた。
国内の戦いも好成績を連発し賞金ランキングは2位。全英女子の賞金を参入すればぶっちぎりの1位でした。

シーズンオフに体を鍛え直し体重を4kg増やした。
明らかに体が一回り大きくなったのが分かるほどの変化でした。

急激な変化にスイングフォームが追いついていかなかったと見る向きが多い。

スタンス幅やアドレスの姿勢も少し変えたと言っている。
不調の最大の原因はパッティングと指摘されている。
2019年の強気なパッテイングが影をひそめ、
グリーンの傾斜や順・逆目に左右されやすい弱弱しいパッテイングが多かった。

オープニングゲームでは試合直前にパターを2インチくしてのぶっつけ本番とも報道された。

【まとめ】マイル渋野日向子の復活を支えるプロキャディー

渋野日向子のスマイルはまだまだ先と多くの方が思ってました。

しかし今年の全米女子オープは渋野が主役でした。
結果は4位でしたが復調が意外と早かったですね。
これも渋野の明るさ・しぶとさ・真面目さから来る結果だと思います。

来季は本当に面白いシーズンになりそうです。




コメント