スポンサーリンク

これやっちゃだめ!女性のNGオナニー【マッキーの保健室】4

マッキー 看護師マッキー先生の男と女「面白ーい講座」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師マッキー先生のYouTube紹介・応援サイトです。

それでは、
今日も看護師マッキー先生の【YouTuveチャンネル】を拝聴する時間が来ました。

これやっちゃだめ!女性のNGオナニー【マッキーの保健室】 4

看護師マッキー先生の経歴紹介

(紹介記事)
参照:https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-18836.htm
看護師(11年)として小児から高齢者までの看護を担当する中、予防教育の必要性を痛感し、独立。フリーランス看護師講師として、保育士キャリアアップ研修、子育て支援員研修(小児期の看護)等を行う。また、泌尿器科勤務の体験からメンズヘルスについても取り組み、YouTubeを通して情報を発信。

看護師マッキーのプロフィール

■職歴・経歴
約2年6か月ディズニーキャストとして勤務後、看護師として約11年間勤務。小児科勤務10年、泌尿器科勤務6年の現場経験がある。病院、クリニック、在宅とあらゆる医療ステージの看護を実践。

病院勤務時に衝撃的だったのが、糖尿病悪化による下肢切断。悪化してから入院される患者様の看護をすることの虚無感を深める。そこで取り組んだのが予防教育(医療の知識を一般に広める)。患者指導や家族指導に注力し「わかりやすい、もっと早く知りたかった」の声が多数寄せられた。

「医療の知識を、解りやすく伝える」ことを胸に、2021年にフリーランス看護師として独立。
対面では、保育士や子育てを学びたい方々へ小児保健の講師として活動。講義のわかりやすさに定評があり「次もマッキーがいい」とアンケートに名前を毎回記載していただけている。

また、令和2年度から4年度まで国が力を入れている政策の「生命の安全教育」聞きなれた言葉を使うと「性教育」を広める活動をしている。広める活動方法として電子書籍、練馬区、江東区、渋谷区子育てイベント、愛知県名古屋市PTAへの動画提供などがある。

泌尿器科の経験を活かし、イロモノに見られがちなメンズヘルスについて発信し、YouTubeのチャンネル登録者数は9万人達成。動画を観て泌尿器科の受診を決めたというコメントも多く寄せられ、中年男性への啓蒙活動にも繋がっている。

コメント