スポンサーリンク

高嶋ちさ子 姉のダウン症を告白 年齢や現在は

高嶋ちさ子 芸能情報

高嶋ちさ子さんはお姉さん「未知子さん」が軽度のダウン症であることを告白しています。

ダウン症を特別扱いせず公開する一家の姿勢が共感を生んでます。
今回は高嶋ちさ子さんとお姉さんの関係や年齢、ダウン症で結ばれる家族の絆を徹底調査しました。




高嶋ちさ子 姉 未知子さんのダウン症を告白|姉への寄りそい

高嶋ちさ子家族

高嶋ちさ子さんのお父さんは音楽ディレクター、
お母さんはピアニストとして名前の知れた家庭に生まれ、
高嶋ちさ子さんもバイオリニストとして世に出ました。

高嶋ちさ子さんは普段からお姉さんを特別扱いせず、
家族はダウン症を隠そうとしなかったそうです。

高嶋ちさ子さんは物心がついた時、
母から未知子さんの面倒を見てもらうために高嶋ちさ子さんを生んだ
と言われた・・この話も感動ですね。

今でこそダウン症を隠そうとせずどんな所でも連れていくという風潮が当たり前になってきましたが、高嶋ちさ子さん一家はずっと早い時期から、こうしてきたことが凄いです。




高嶋ちさ子音楽との出会い

高嶋ちさ子

高嶋ちさ子の母親高嶋薫子さんはピアニストです。
高嶋ちさ子さんが4歳の時ピアノを始めたが才能がないと言われ辞めさせられた。

バイオリンをやりたいと直訴するも無理だとピシャリ!
一年後の小学1年生の時念願がかないにバイオリンを始める。
レッスンにはすべて母親が付き添い、
楽しいはずのバイオリンが熱血指導で地獄に変わっていったそうです。

小学5年生の時に、母がへそくりで180万円のバイオリンを買ってくれました

後日談で薫子さんはお姉さんの事も考え、高嶋ちさ子さんが音楽で自立出来るようにするため、練習には容赦なかったそうです。

2017年8月間質性肺炎患い闘病の末母親はこの世を去りました。
一緒に死のうと思ったほどつらかったと言ってます。

母親の死をすぐには公表せず、高嶋さんが初めてブログで明かしたのは4ヵ月後のことです。

高嶋ちさ子 新しい演奏会スタイルが話題に

大学院を卒業後、マイアミのオーケストラに入団しましたが
26歳の時辞めました。

30歳の時に高田純次氏に出会いテレビにデビュウー。
『踊る!さんま御殿!!』に出るようになってからその毒舌が受けて、
知名度が上がりコンサートでもお客さんが集まるようになっていった。

その後、日本を代表するヴァイオリニストの古澤巌さんや葉加瀬太郎さんとコンサートを開き、
女性グループ「12人のヴァイオリニスト」を立ち上げるなど幅広く活動している。

「12人のヴァイオリニスト」では音楽を誰にも楽しめるスタイルで注目を集め
、日本全国でコンサートを開いています。

「12人のヴァイオリニスト」

引用:You Tuve より

【まとめ】高嶋ちさ子 姉のダウン症を告白 年齢や現在は11月6日追記

2020年以降コロナにもめげず頑張っている高嶋ちさ子さんと「12人のバイオリニスト」を応援していきます。クラシック音楽をビジアル面でも高め、快い感動を受ける「12人のバイオリニスト」はこれまでにない新しい挑戦ですね。練習はかなり厳しいと聞いてます。どんなに条件の悪い時でも全国ツアーは続けています。本当に」感動です。

是非機会があったら高嶋ちさ子さんのコンサートに出向いて、
音楽の楽しさを満喫してください。




コメント