スポンサーリンク

高嶋ちさ子「英才教育はいくつから」次男のチェロ習い事で洗脳を認める

高嶋ちさ子ヘッダー 芸能情報

高嶋ちさ子は「12人のヴァイオリニスト」を主宰し
毒舌でもTVで話題ですね。

高嶋ちさ子は自身の次男の「チェロの発表会」を
インスタで公表しました。

 

 

次男に4歳からチェロを始めさせ、
習い事の「親の洗脳」についても触れてます。

今回、子供の「英才教育はいくつから」等
子供の習い事について調べました。
最後までご覧いただければ幸いです。




高嶋ちさ子「英才教育はいくつから」次男のチェロ習い事を公表

高嶋ちさ子子供にの演奏会

引用:インスタグラムより

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子(52歳)はインスタグラムを更新し、
次男(11歳)のチェロの発表会に参加したことを公表しました。

 

高嶋ちさ子は幼少より母からヴァイオリンの厳しいレッスンを
泣き泣き受けた経験があります。

 

自身の子供には4歳からッチェロを習い始めさせたそうですね。
もちろん子供からチェロを習いたいと言い出したわけではなく、、
高嶋ちさ子の希望から練習を始めました。

 

この事を、高嶋ちさ子は親の洗脳「英才教育」ですと認めています。

 

高嶋ちさ子は今どき子供がやりたいと思はない事を
させることは「子供への虐待」だ
と言う風潮を指摘。

 

子供がプロを目指すなら4歳ごろから
専門的なプロの指導が必要で、
それでも音楽を職業にすることは
難しい厳しい世界です、と言っています。

 

自分の子供がヴァイオリンやチェロを
やりたいと中学生になってから、言ったとしても
「プロとしての音感」を得るには年齢的に
すでに遅いと言われています。

 

特にヴァイオリンは指盤にギターのようなフレットはなく、
練習で音程を作っていく楽器だけに音感が特に重要になります。

 

一日練習を休むと、取り戻すのに一週間はかかると
多くのヴァイオリニストが言ってますね。

高嶋ちさ子が自身の厳しい練習の経験を踏まえた立場からの発言で
とても重みがありますね。

 


出展:YouTuve次男との練習う風景写真

高嶋ちさ子の子供に対する英才教育、洗脳について、

読者の反応は・・
「分かります」
「オーバーではないと思いますよ」
と言う意見や、
「色々な努力や経験を体験させることが親の役め」
と言う意見の寄せられているそうです。




音楽の英才教育は何歳からが良いかの専門家の意見

音楽家を目指すのに必要な事として
「絶対音感」があります。

(絶対音感能力を持つ人は、音高を(CDE、ドレミ…などの音名で)認知できること)
詳しくは・・・絶対音感能力<<

大人になってからでも身に付く相対音感と違って
絶対音感の習得には「臨界期」が
あると言われています。

ヴァイオリンを始めるのは何歳が良いか?

絶対音感のレッスンは早い方が良く、
絶対音感の保有者のレッスン開始時期を調べると
5歳が一番多かったそうです。

6歳までが絶対音階の臨界期と一般に考えられています。

この意見からするとヴァイオリンの
専門家を目指すのには、
3~5歳に始めておくのが良いと
考えられます。

家庭に音楽の環境があって、
子供が興味を持った時が適齢期ですが、
「早めの方が良い事は事実」のようですね。

高嶋ちさ子はいつからヴァイオリンを始めたか?

嶋ちさ子息子との練習風景
引用:YouTuveより 高嶋ちさ子 子供との共演画像
高嶋ちさ子は6歳からヴァイオリンの練習を始めました。
父の高嶋弘之さんは東芝EMIの
元ディレクターでビートルズを日本に紹介したことで有名。
その兄が高島忠夫さんです。

高嶋ちさ子は当時のヴァイオリニストとして頂点にいた
徳永二男さんや江藤俊哉氏に師事しました。
桐朋学園大学音楽科を卒業し
イェール大学音楽学部大学院修士課程修了。

1997年フジテレビアナウンサーの軽部真一と
「めざましクラシックス」を立ち上げ
多くのファンを魅了しました。

有名ヴァイオリニストのレッスンを始めた年齢は?

現在活躍している人気のヴァイオリニストの
レッスンを始めた年齢は・・・
五島 龍 ・・・・2歳
木嶋真優・・・・3歳
五嶋みどり・・・3歳
諏訪内晶子・・・3歳
神尾真由子・・・4歳
葉加瀬太郎・・・4歳
SHOGO ・・・・・5歳
高嶋ちさ子 ・・6歳

ご覧の通り5~6歳までに始めていることが
良く分かりますね。
また、それぞれが家庭に何らかの音楽環境が
あった事も事実のようです。

ヴァイオリニスト木嶋真優さんは3歳でヴァイオリンを始める

TV「グッとラック! 」(TBSで毎週月曜?金曜、あさ8時から生放送)で話題の
木嶋真優さんは3歳でヴァイオリンを始めました。

徹底した英才教育で世界に名乗り出た音楽家です。
第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門で
日本人最年少最高位1位なし第2位を受賞し注目を浴びる。


引用:木嶋真優YouTuveより「「愛の挨拶」(エルガー作曲 林そよか編曲)」

ヴァイオリニストの英才教育の「メリット」は?

メリット(1)
脳の発達に良い影響。
ヴァイオリンは左手で弦を押さえ、右手で弓を扱い左右の手が
別の動きをします。

更に目では譜面を読み、耳では伴走者の音を聞きます。
身体全体でバランスをとるために脳はフル回転します。

 

手先を幼年期から使えば使うほど脳には良いことがわかっています。

音楽教育はプロの音楽家を目指す人のみでなく、
広い意味で「英才教育」の一環として行われているのも事実ですね。

東大生100人に幼少の習い事を聞くと6割の学生が
ピアノ、ヴァイオリンの習い事をしていたそうです。

メリット(2)
集中力・持続力・感性が身に付く
ヴァイオリンの練習は脳を含め体全体の動作に加え
譜面を暗譜したり人前で披露するなど集中力が求められます。

また、演奏には表現力が大きく求められるので
豊かな感性身に付きます。

この感性こそが音楽家として評価されるかどうかの
分かれ道と言われています。

高嶋ちさ子のヴァイオリン「ストラディバリウス」とは?

高嶋ちさ子ストディバリウス
高嶋ちさ子は32歳の時に、数億円のヴァイオリン「ストディバリウス」を
購入しています。

当時の演奏会で〇憶と漏らしていますが20年経った今
この楽器の価値はいくらでしょうか?

ごく普通に見ても5億円は下らないとの噂で、
近年の取引価格を参考にすれば、もはや10憶も
不思議ではないそうです。

ストラディバリウス「クレモナ」

高嶋ちさ子が購入したストラディバリウス「ルーシー」は
280年ほど前にイタリアの北部クレモナで作成された名器です。
製作者は、故アントニオ・ストラディバリ氏で
「ルーシー」と命名されています。

高嶋ちさ子が持っているストラディバリウスは、
音楽財団や博物館からの借り物ではなく
個人所であるといいます。

高嶋ちさ子「12人のヴァイオリニスト」とは

高嶋ちさ子が2006年に立ち上げた
これまでにない音楽集団。
聴いても、見ても、楽しく美しい
ヴァイオリンのアンサンブルです。

演奏はクラシックだけではなく、
様々なレパートリーを持った個性的な
音楽会を開催し続けています。

高嶋ちさ子「12人のヴァイオリニスト」
ついに開催!【高嶋ちさ子】コンサート初日に密着!


引用:YouTuveから「7ヵ月ぶりとなるコンサートツアーがスタート!」

【まとめ】高嶋ちさ子「英才教育はいくつから」

毒舌ヴァイオリニスト高鹿ちさ子はタレントとしても絶好調。
「(息子は)ハズレくじと(娘は)アタリくじ」の発言が
物議をかわしました。

これは彼女独特の笑いを取るリップサービス。
高嶋ちさ子にはご子息と音楽に対する情熱に
特別のものがありますね。

ヴァイオリンを始めるのは早い方が良い!
本人がやりたいと言った時では
すでに遅いことがある。

子を持つお母さんの悩みに対し、
彼女ならではの言葉で習い事や
「洗脳」について言っているが
綺麗ごとではない本音が見えますね。




 

 

 

コメント