スポンサーリンク

大谷翔平 人気の理由?安すぎる年俸や断トツのスポンサー収入に驚き

大谷翔平 スポーツ

大谷翔平が大リーグにデビューしてから5年。
昨年は満票でMVPを獲得し、今年は「二刀流」で
ベ-ブルースの記録を104年ぶりに更新した!
2年連続でMVPか?の噂もあるほど、翔平の人気は絶大だ。

・大谷翔平の人気の理由、その本質は何なのだろうか?
・それにしても年俸が安すぎない?
・人気のバリメーターと言われる「スポンサー収入に驚き!」
・現在の年俸や来季の予想

 

今回は野球界の圧倒的な人気者「大谷翔平」が
多くの人に好かれる理由、人気の秘密をまとめました。

大谷翔平人気引用:https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=56256
大谷翔平、この明るい姿がチーム内で人気者に!

スポンサーリンク





大谷翔平 人気の理由

2017年に大谷翔平が日本ハムファイターズから米国大リーグの
「ロサンゼルスエンゼルス」に移籍報じられた。
元より大リーグでのプレーを希望していたので、
日ハムはいよいよ決断したか・・そんな風な捉え方だった。
一部には米国での「二刀流」を危ぶむ評論家もいましたね。

 

当時は、現在のような活躍を想像する人は少数派だっかかも知れません。

スポンサーリンク





大谷翔平 米国で話題人気の理由

5年前、大谷翔平がエンゼルスに移籍すると言うニュースが全米に流れた時、
「新しい日本人選手が大リーグ入ってくる・・」くらいの受け止めだった米国で、
「オータニ」の名前も知る人は少なかったですね。
二刀流についても懐疑的な風潮だったですね。

ロサンゼルスで野球と言えば多くの人は「ドジャース」だ。
ドジャースは130年余の歴史がありMLBの名門中の名門。
70年前にはアフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソンがデビューを果たし、
27年前には野茂英雄がメジャーリーグデビューを果たしている。

今でもエンゼルスはいまいちパッとしないエンゼルスは2022年8月末に、
球団オーナーのモレノ氏が球団売却の検討を始めたと発表しました。
2022年はア・リーグ西地区で4位と奮わず、プレーオフ進出は絶望的だ。
そんな中、大谷翔平のエンゼルス残留の情報が流れた。
大谷残留は売却を前提にした“戦略”だったのかと取りざたされている。

ゼンゼルスの中にあって大谷翔平の人気は絶大だ。
チーム何の人気は無論のこと、相手チームや相手チームのファンも、
大谷翔平は大好きでなのだ。
今大谷翔平は野球界の注目選手として人気は絶大になった。

その理由は、彼の野球に対する心と野球と共に生きる情熱が、
アメリカ人の感動を呼んでいる。

遠く日本の地、岩手県水沢で小学校から高校生まで父から学んだ野球。
父親(大谷徹氏)と交わした「野球ノート」が、
野球と共に生きる心・・これが今の大谷翔平を支えている。

米国民が大谷翔平に熱狂する理由は

大谷翔平が米国人を熱狂させる理由はいくつもあると思うが・・

「二刀流」で12勝、ホームラン34本(2022/9/11現)は奇跡に近い!
しかしそれだけではない。
翔平は日本語でインタビューに応え、アメリカナイズされた日本人というイメージではない。

 

大谷翔平が米国人の心を掴んでいる理由は翔平のクリーンなイメージにある。
大谷青年のクリーンなイメージ・・それは
米国人の遠く懐かしい時代の素朴さ、忘れかけている「良くできた可愛い息子」を思わせるのだ。

米国人は翔平の野球が大好きな姿、勝っても負けても腐らない
爽やかな笑顔がたまらない。
米国の多くの人が自分の息子のように大谷翔平を応援してます!

 

翔平を見ているとこんな息子が欲しいと親たちは思うそうだ。
打たれても負けても、ベンチで蹴ったり暴れたりはしない。
ゴミが落ちていれば拾うし、敵チームにも愛される。
「可愛い息子、良く出来た息子」をオールアメリカンで彼を応援している。
とても不思議でアメリカンぽくないオーラがファンを惹きつけている!!

人気のバロメーター スポンサー収入断トツ!

大谷青年が多くのアメリ人に好かれている指標に、
「広告収入」がある。

 

スポーツニュースサイト「Sportskeeda」が2022年MBL全選手の中で、
最もスポンサー収入が多い野球選手が「大谷翔平」と予測した。
その金額は2000万ドル。日本円で28憶円なのが衝撃的だ。
(※9/11  1ドル142円で計算)

大谷翔平の主なスポンサー
1,ザバス
2,JAL
3,デサント
4,アシックス
5,オークリー
6,スーツBOSS
7,セイコー
8,FTX
9,ポルシェ
10,興和

日本以外のスポンサーが付いていることは極めてまれで、
米国人のファンがいかに多いかの証明です。

 


大谷翔平選手がJALの国際線を利用して移動している

 


SAVASは大手プロテインメーカーです。

 

MLB選手のスポンサー収入ランキング

1、ロサンゼルス・エンゼルス
大谷翔平選手
2000万ドル

——————

2、フィラデルフィア・フィリーズ
ブライス・ハーパー選手
500万ドル
—————–

3,コロラド・ロッキーズ
クリス・ブライアント選手
350万ドル
—————–

4,ロサンゼルス・エンゼルス
マイク・トラウト選手
300万ドル
—————–

5,ロサンゼルス・ドジャース
コディ・ベリンジャー選手
250万ドル

2022年度MLBで巨額スポンサー契約をしているベスト5名です。
大谷翔平がいかに突出した人気であるかが分かりますね。
おそらくこの傾向はMLBで暫く続きそうな気配です。

 

大谷翔平が日本の企業以外でもスポンサー契約していますね。
広く米国民に親しまれていることが分かります。

大谷翔平 年俸が安すぎかも

大谷翔平、メジャーリーグでの年収の推移

2022年 550万ドル(約7.8億円)
(1ドル142円計算)

2021年 300万ドル(約3億3,000万円)
2020年 70万ドル(約7,700万円)※60試合のため約37%に減額
2019年 65万5,000ドル(約7,200万円)
2018年 54万5,000ドル(約6,000万円)※メジャー最低保障額

スポンサーリンク





大谷翔平 日ハム時代の年収を調査

大谷翔平の日本ハムファイターズでの年俸推移
2017年 2億7,000万円
2016年 2億円
2015年 1億円
2014年 3,000万円
2013年 1,500万円

野球の本場アメリカと比べると、日本人野球選手の年俸は大幅に安い事が言われています。

・MLB最低年俸
2022年570万ドル(8100万円)

・日本プロ野球
1軍選手 1600万円
2軍選手  440万円
育成選手  240万円

年収が安すぎるMLBのシステムとは

大谷翔平は日ハム最後の年の年俸は2億7千万円でした。
翌年エンゼルスに移籍し54.5万ドル(6000万円)でした。
移籍一年目の年収がいかに安いか分かりますね。

 

大谷翔平は23歳の秋にポスティングシステムを利用して
メジャーリーグ移籍を表明しました。
※フリーエージェント(FA)権を持たない選手が海外リーグへ移籍を
希望した時、日本の所属チームが行使する権利。

 

大谷選手がFAで海外チームに移籍するには日本で9年間のプレー実績が必要!!
選手にとって海外移籍はかなり厳しいのが現状ですね

 

****************
ポスティングシステムは日本のチームがMLBに紹介し、
米国球団が入札の上、最も高い球団が交渉権を得ます。
米国球団と移籍希望本人との交渉が合意すれば、
米国球団から日本の球団に入札額が支払われる。
****************
これがポスティングシステムです。
日本の球団が米国球団に自分の所の選手を売るように感じられませんか?

実は大谷翔平があと二年移籍を遅らせれば
2億ドル(220億円)近い大金が入るのに・・
そう思ったファンは多いと思いますね。

 

MLBには25歳未満の海外選手と契約をしてはならないという労使協定があり、
外人選手がメジャーリーガー扱いになる条件は、
「年齢が25歳以上、自国で6年以上のプロ経験がある」
この条件に満たないとアマチュア扱いになってしまうのですね。

大谷翔平は23歳、プロ経験5年だったので、
マイナー契約からスタートしました。
それで、移籍初年度の年収「54万ドル」
当時のレートで6000万円・・

つまり大谷翔平はお金でなくMLBで力を試したい・・
その気持ちが強く、結果的には日ハムが大儲けしたような気がする・・?

メジャーリーグ初登板
引用:https://kazu-blg.com/wp-admin/post.php?post=7494&action=edit
大谷選手 メジャーリーグ初登板

 

大谷翔平ははデビュー戦から圧巻。最速160キロの速球を軸に6回を3失点投球。
2回に3ランを許したが、スライダーを中心に要所でスプリットを織り交ぜる配球で立て直す。
6回まで4イニング連続3者凡退に退ける圧巻の投球で白星を手にした。

 

大谷翔平 2023年 年俸予測

大谷翔平 エンゼルスの年度別契約額

2018年(24歳) 5995万円
2019年(25歳) 7205万円
2020年(26歳) 7700万円
2021年(27歳) 3億3000万円
2022年(28歳) 6億3000万

大谷翔平選手の2023年の年俸推移を予測したところ、
次の契約更新では年俸6000万ドル(1ドル135円で約80億円)という
メジャー史上最高額の契約が交わされるのではないかと憶測されています。

 

大谷翔平は2021年にエンゼルスと2年で850万ドルの契約を結びました。

エンゼルスの球団売却の問題や大谷翔平のトレード・・など
今多くの情報が流れてますが、どれが正しくどれがフェイクが、
なかなか判断が難しいですね。

2022年度のMVPの噂も出ています。
これからのニュースが楽しみです。

 

大リーグ有名選手の年収は?

順位 選手名 年俸(ドル) ポジション 年齢 所属チーム
1 マックス・シャーザー 43,333,333 先発 37 メッツ
2 マイク・トラウト 37,116,666 外野手 30 エンゼルス
3 アンソニー・レンドン 36,571,428 三塁手 32 エンゼルス
4 ジェイコブ・デグロム 36,000,000 先発 34 メッツ
4 ゲリット・コール 36,000,000 先発 31 ヤンキース
6 トレバー・バウアー 35,333,333 先発 31 ドジャース
7 ノーラン・アレナド 35,000,000 三塁手 31 カージナルス
7 ステフェン・ストラスバーグ 35,000,000 先発 33 ナショナルズ
9 フランシスコ・リンドーア 34,100,000 遊撃手 28 メッツ
10 コーリー・シーガー 33,000,000 遊撃手 28 レンジャーズ

参照:https://mlbuni.com/22tsal/

大谷翔平プロフィール

大谷翔平(おおたに しょうへい)

生年月日:
1994年7月5日 (年齢 28歳)
出生地: 岩手県 奥州市
身長: 193 cm
体重: 95 kg
両親: 大谷加代子、 大谷徹
兄弟姉妹: 大谷龍太 結香
出身高校:花巻東高等学校
大谷翔平は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手
右投左打
MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属
年俸: 550万アメリカ合衆国ドル (2022年)

スポンサーリンク





まとめ【大谷翔平 人気の理由?安すぎる年俸や断トツのスポンサー収入】

大谷翔平の2023年契約金額は大幅アップが予想されています。
移籍当時のトライアウトの制度や年齢などで
マークンこと田中将大選手などと比べると
大谷翔平の年収が異常に低い事が分りますね。

2023年はどんな契約になるか
ファンとしては一番気になる所です。

2022のMVPにもし大谷翔平が選ばれたら
大きな話題になりますね。

かりに選ばれなくても、今年はベーブルースの記録を、
104年ぶりに更新した歴史的快挙を成し遂げました。

今季の残り4~5回の登板で何勝取れるか
楽しみです。

 

・ゴルフ須藤弥勒 契約・年収は?

大谷翔平 結婚相手 歴代彼女 好みは母加代子似

マー君 神の子 「子供が可愛すぎ」

大谷翔平 父親大谷徹は野球監督?

コメント